害虫で嫌な思いをする前に先手必勝を狙う|ねずみ駆除はプロにお任せ

白鼻芯

専門の免許

ハクビシン駆除を始め、害獣駆除には免許が必要である場合があります。自治体に連絡してから退治しなくてはならず、もし連絡を怠った場合は罰せられるので注意が必要だと言えるでしょう。

たくさんのネズミ

何でも齧る

家の中で一匹でもネズミを見つけたら、なるべく早めにネズミ駆除をするようにしましょう。また、ネズミが持つ菌には要注意です。食べ物やケーブルの管理に気を配りましょう。

退治の方法

鼠

害獣の一つとしてよく耳にするねずみですが、小さくて非力だというイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか。家の中を荒らされるのは誰だって困りますが、人に対する攻撃性は低いと思われているようです。しかし、それは大きな勘違いです。大所帯で力を発揮するのがねずみですが、実は一匹でも十分に危険だという事がわかっています。小さい身体ではあるものの賢い頭脳を持っていますので、きちんと考えてから行動するのが特徴です。家に敵がいないと見なすとより大胆に暴れる傾向があります。また、力の弱い老人や子供を狙って攻撃するという事例も出ています。一度家に棲みつくと、ねずみ駆除をしない限りは全滅しないと言われている程であり、油断するとすぐに繁殖します。ですので、例え一匹でも見つけたらすぐにねずみ駆除をしましょう。

ねずみ駆除のプロが存在していますが、ただ退治してくれるわけではありません。ねずみの通り道や寝床などを瞬時に見つけ、早急に捕獲してくれるので、素人とは大きく違う事が理解できるでしょう。使う道具は粘着シートや毒です。粘着シートはねずみの通り道に仕掛ける罠であり、毒は餌に混ぜます。先程も述べたように、ねずみは頭が良いので簡単には罠に引っかかりません。しかし、業者に任せればすぐに仕留めてくれるでしょう。ねずみ駆除は衛生面や怪我の恐れを考えて、自分では行わないようにするのが最適なのです。まずは評判の良い業者探しから始めましょう。

チーズと鼠

動きを先読み

ねずみ駆除は早ければ早いほど良いでしょう。市販の対策グッズも質が上がっていますが、警戒心の強いねずみは簡単に捕まえられないものです。まずはプロに見てもらい、見積りから始めましょう。